The ZetaTalk Newsletter
2014年8月3日 日曜日 409号
世界と地球外からの毎週のニュースと展望
ゼータ・ニュー 地球の変化 発表 時勢の兆候

ウクライナの重大犯罪

決して解決されそうもない悲劇的事件において、マレーシア(航空)17便は、2014年7月17日にウクライナ上空で撃ち落されました。 結果として責任のなすりつけが起こりました。 風景には、遺体と飛行機の破片が散らかっていました。

米国当局者: ミサイルがマレーシア航空の飛行機を撃墜したー2014年7月18日
http://www.cnn.com/2014/07/17/world/europe/ukraine-malaysia-airlines-crash
マレーシア定期航空便によってとられた航路は、クアラルンプールとオランダの間で非常によく知られています。 伝えられるところによると、ウクライナ当局者達は、航空機がウクライナ空域を飛行した水曜日[16日]に、ウクライナのジェット機を撃墜したことについて、ロシアの戦闘機を非難しました。 緊張は、その事故について高まっています。

米国は、「彼等の人工衛星が、BUKミサイルを動かすために使用されたレーダーの点滅の表示を見た」と言っており、彼等は、決して、このレーダーの現場の位置を明らかにしませんでした。 彼等は、「航空機の軌道を計算している」と報告しただけでした。
なぜ遅れが?
 なぜこの情報を保留しているのでしょうか?

目撃者達もまた、ウクライナ領内のスニズンからのロケットの閃光を見ました。 その間、西側方メディアは、ロシアを非難し、ロシアのメディアは、ウクライナ政府を非難しました。

MH17便: 米国の人工衛星は、航空機へのミサイルの軌道を追跡したー 2014年7月18日
http://www.smh.com.au/world/mh17-us-satellites-tracked-missiles-path-to-airliner
米国空軍には、地球の背景に対するミサイルと補助推進ロケットのプルーム(噴射煙)からの熱を探知する、赤外線センサーを使う地球高度軌道の人工衛星があります。 その地域の米国のレーダー装置と他の資産は、おそらくロシア産のBUKミサイルから飛来したと、ウクライナ政府当局が言った、どの地対空ミサイルの追跡も助力していたでしょう。
 情報は、ドイツのシュタットガルトに本部を置く米国ヨーロッパ司令部に伝えられたでしょう。 単独に、米国は、外国の防衛システムからの広範囲の電子の放射を捉えて、分析者達が信号の源と使用された兵器のタイプを決定するのを可能にすることができる、敏感な聴取衛星を作動しています。
 数秒、または数分間の期間以上のユニークな信号の組み合わせは、米国の人工衛星に、ミサイルの発射地点を三角測量して、弾道を追跡するのを可能にします。
米国は、ジェット機の墜落にロシアをつなげる証拠を見る
2014年7月19日

http://www.nytimes.com/2014/07/19/world/europe/malaysia-airlines-plane-ukraine.html
2人の村民達は、「飛行機が落ちた頃に、空にロケットの閃光を見ていた」と静かに言いました。 ウクライナが、1週間以上、頻繁に反乱軍の位置を爆撃している★スニズン市の方向から来ていました。
MH17がウクライナ上空で撃墜されるー2014年7月19日
http://www.veteranstoday.com/2014/07/19/the-mh17-shoot-down-over-ukraine/
 このいわゆる反乱者達に制御されたSA-17発射装置の座標を与える政府の総体的な無力さは、語っています。 オバマ大統領が、現在、言うことができるすべては、ミサイルが反乱者が占有した地域内から発射されたということでした。 それは、ELINTのデータと同様に、NSAが上空にあったので、敬意を込めて、嘘です。 攻撃が、紛れもなく、反乱者が占有した地域から来たのなら、政府が証拠を導いていたことに全額賭けることができます。
米国スパイ衛星はウクライナに何を見たのか?
2014年7月20日

http://consortiumnews.com/2014/07/20/what-did-us-spy-satellites-see-in-ukraine/
 過去に類似した問題について正確な情報を提供している一つの情報源によって伝えられていることは、米国情報機関が、致命的なミサイルを発射した、ありそうなミサイルの砲兵陣地の衛星画像を詳しく述べているが、砲兵陣地がウクライナの軍服にように見えるもの来ているウクライナ政府軍の制御下にあったように見えるということです。
 情報源は、CIAの分析者達が、実際に同じような制服の東ウクライナの反乱者達であったという可能性を、軍がまだ除外していなかったが、初期の査定では、部隊がウクライナ軍兵士であったということでした。
 画像が、現場のあたりに四散したビール瓶のように見えた物を示したので、関与した兵士達が訓練を受けておらず、おそらく飲酒していたという気配もあったと、情報源は言いました。

「東ウクライナのロシア指示の反乱者達がそこで偶然に撃ち落したという証拠として、ロシアが対空砲を反乱者達に支給しており、反乱者達が、最近ウクライナのジェット戦闘機を撃ち落している」と言う非難があります。
 しかし反乱者達には、ウクライナは持っていたけれども、33,000フィートまで上昇することができるミサイルがなく、彼等には、BUKミサイルを操作する専門的技術も所有していませんでした。
  BUKは、以前に捕獲されましたが、ウクライナ軍の士官によると、操作可能ではありませんでした。 MH17便は、まるで指標となるためであるかのように、2機のウクライナのジェット戦闘機によって撃墜の直前にともなわれました。 これは、反乱者がおこなったと証明しますか、またはこれは楽な仕事でしたか?

マレーシア航空MH17便がウクライナで墜落ー2014年7月17日
http://rt.com/news/173628-malaysian-plane-crash-ukraine/
政府軍に対してウクライナ東部で戦っている私兵軍には、マレーシア航空の航空機を撃ちおとすことができる兵器システムなど何もなく、ウクライナの検察長官ヴィタリイ・ヤルヨマは、大統領ペトロ・ポロシェンコにゆだねられた軍の報告を引用して述べました。
 前に、「私兵軍が、それを実行することができるBUKミサイル発射装置を捕らえた」という報告がありましたが、「システムは、具合が悪く、私兵軍によって修理することができなかった」とキエフは主張しました。
マレーシア航空MH17便墜落事故: ロシアがウクライナに回答を求める10の質問ー2014年7月18日
http://rt.com/news/173976-mh17-crash-questions-ukraine/
キエフ当局者は、伝えられるところによれば、ウクライナ領空上空をボーイング777型機と肩を並べて飛んでいた、★2機のウクライナ軍の飛行機があったという、ウクライナで働くスペイン人の航空工数管制官による、社会的メディアでの報道についてコメントできますか?

状況は、ウクライナ政府により傍受された、反乱者達が責任を主張し、墜落を引き起こしたという、疑わしい音声によりいっそう紛糾されました。 問題?
 音声の分析は、撃墜の★1日前の2014年7月16日に創りだされたことを示します。 ウクライナ政府は、以前にそのような策略に飛びついたことがありました。 それから、「同じルートを、プーチンの私用航空機が上空を直前に通過していた」という報告もありました。
 もっとも印象的であるのは、即座に削除されましたが、インターネット上をウイルスのように広がってしまう前ではありませんでしたが、ツイッターをとおして批判的な情報を伝えた、キエフで働いていたスペイン人の★航空交通管制官の失踪がありました。 彼は、それ以来失踪しています。 この内のどれもが、オバマが彼の演説で音声に言及していなかったことに彼等が注目した後に“まだ立証されていなかった”音声の盗聴のさなかでさえ、丸1日かかった西側メディアに現れていません。

 

プーチンがMH17便と同じ空路を飛んでいたという報告ー2014年7月17日
http://rt.com/news/173672-malaysia-plane-crash-putin/
マレーシア航空MH17便の航空機は、295名を殺害した衝突の直前に、ロシア大統領ウラジミール・プーチンのジェット機とほぼ同じルートを移動していました。 ★プーチンの飛行機とマレーシアのボーイング機は、同じ地点と、同じ梯形編成で交差しました。 それは、10000メートルの高度で330-m梯形編成でワルシャワの近くでした。
 大統領のジェット機は、モスクワ時間で16:21に、そしてマレーシア航空機は、モスクワ時間で15:44にそこにいました。 航空機の外形は、類似しており、線形の特徴もまた非常に似ており、色も、実際に離れた距離では、それらはほとんど同一です。

 
反乱者達がマレーシア航空MH17便を撃ち落したことを“証明する”ユーチューブの動画をウクライナが公開するー2014年7月17日
http://www.zerohedge.com/news/2014-07-17/ukraine-releases-youtube-clip
分離主義者達に非難と不信を投げかける別の試みにおいて、ウクライナが、信用を落とそうとして、“ロシアのコサックの編成がウクライナの混沌に責任がある”と題されたコジツィンを構成する別の目立った特徴のユーチューブの動画を公表したのは、ほんの1ヶ月以上前の6月5日でした。
最終版―スペインの航空管制官@キエフのボリスポル空港: ウクライナ軍がボーイング#MH17型機を撃ち落したー2014年7月18日
http://slavyangrad.wordpress.com/2014/07/18/spanish-air-controller-kiev
2014年7月17日、15:26. 報告は、「ミサイルが加速し、反乱軍領域の自己防衛から生じたのではない」と明記する場所を表示します。 “報告は、どこ[から]ミサイルがやってきたかを表示し、反乱軍の自己防衛からではないのを明記した”。

ゼータ達によると、撃墜は、ウクライナ政府により、故意におこなわれましたが、これは、西側により認められそうもありません。 撃墜の翌日の2014年7月18日のゼータトークは、以下のことを述べました:

ゼータトーク 洞察 7/18/2014:  民間航空機がミサイルによって上空で撃ち落された日に、ミサイルと進行中の協議事項を手わたすことに応じて、どのような手がかりが存在するでしょうか?
 地上の破片の中の航空機の資材は、これに関して役に立たず、パイロット達の装置が即座に沈黙させられたので、どのようなブラックボックスのレコーダーも情報を提供しません。
 わかっていることは、米国の人工衛星が見たことであり、キエフで働いているスペインの航空交通管制官が見たことが報告されており、地上の目撃者達が見たものであり、反乱軍の談話についてであると主張された記録の日付、およびウクライナが、ウクライナ南東部の人々の反乱を鎮圧するのが難しいという事実です。


 米国の人工衛星は、ミサイルであったと確認しましたが、砲撃の源を述べるのを延期しており、★奇妙で、まさに話すのにぐずぐずしています。
 なぜ、弾道を計算するのにそのように長くかかるのでしょうか?
 スペインの航空交通管制係官は、ミサイルが反乱軍領域から来なかったのをウクライナ軍が認めていると報告した点で、この係官が現在行方不明になっている点で、私達には、私達の答えがあります。
 はい、反乱軍には、捕獲されたBUKがありますが、ウクライナの公式報告によると、作動しないと考えられました。 もちろん、ウクライナにもまた、航空機を動かなくするために、33,000フィートまで上昇する能力のあるBUKがありました。 ウクライナは、反乱軍が自慢する記録された会話を退けましたが、この記録の分析は、それが、撃墜の前の日に行われたことを示します。


  ★参戦するように、パートナー達を誘う惨事を引きおこすことは、確かに何も新しいことではありません。 第二次大戦の間に米国が交戦するのを可能にするために★真珠湾で、そしてベトナム戦争の間、米国が交戦するのを可能にするように★トンキン湾事件で、これを行ったことで、米国は、非難されています。
 ほんの数ヶ月前に、
シリアの毒ガスの事件が、「イスラエルにかわって、シリアとの戦争に★米国を引きこもうとする試みである」と示されました。
 「ウクライナ南東部地方の大半の人々がロシア人でありたい」ということを示している表決にもかかわらず、ウクライナ指導部は、NATO、又は米国のどちらもが、★自分達の側で戦わないことに★猛烈に怒っています。
 プーチンが、撃墜のほんの数分前に、MH17と同じ航路の上空にいたと報告されている点で、これもまた、★交戦するようにプーチンを怒らせる試みでもあります。


 世界は、これらの試みに抵抗していますが、誰が、MH17を実際に撃ちおとしたのかという真実は、西側によって決して認められそうもありません。

モスクワ地下鉄がバシッと強打された

惑星Xの帯電された尾と、南シナ海の下の圧縮されている岩の間の飛行機が★電磁波の嵐に飛行機が捕らえられた、マレーシア航空370便の惨事の間に示したように、そしてユタ州の川に沿った、新しいNSAのデータ倉庫が破壊されたサーバーを体験しつづけた2013年に示されたように、そして強く磁化された大西洋断層上空で飛行機が捕らえられた、フランス航空447便の惨事の間の2009年に示されたように、惑星Xの帯電した尾に遭遇するように地上から生じた電流が打ちのめすことができます。



ゼータトーク説明 3/15/2014: 人間が知っているように、★電子と磁力子は、ともに流れることを好みます。
 これは、★電場が磁石の周囲の急速な移動によって発生される理由です。 横から地球を吹き飛ばすことによって、惑星Xは、磁力子が群がったホットスポットを生じていき、これは、それらのホットスポットに電子をひきつけます。
 岩が圧力下にあるときに、★岩が圧迫される時に岩の内部の水がいっそう容易に電気を伝えることができるので、領域の動物達に警告し、近くのラジオに電波障害を引き起こす電気のキーキー音もあります。
 既知の電流の伝導体である、水の表面下で起こっている、屈曲していくスンダプレートが耐えている、★圧力下の岩の上で、一時的な磁気のホットスポットが形成するときに、そのときに、何が起こるでしょうか?
 密集した電磁場は、アースして、その進路の哀れな飛行機の電気機器が沈黙しました。




ゼータトーク説明 10/12/2013: NSAデータ貯蔵施設が建設された地方の地形図を調べてみなさい。 それは、グレートソルト湖を排水する川に沿って、ソルトレーク市の真南にあります。 ★川が地殻の弱い地点であり、それゆえに弛み、したがって弛んでいる箇所が、水が排水する場所になります。
 北米大陸の「弓状のしなり」がニューマドリッドの調整の間の軽減の前にぴんと張られるので、これらの地域は、★岩の中で電気的な「かなきり音」を体験しており、NSA施設の最上層の地面で見つかる★電気の流れを促進しています。 不運な場所の選択であり、地面の電流の瞬間的急増から、★いっそう効果的にコンピューターを絶縁しないかぎり、問題は解決されないでしょう。




ゼータトーク説明 6/3/2009: 飛行機のコンピューターからの自動メッセージは、「いくつかの★電気システムが機能停止した」と通知しました。 その後、何のメッセージも受信されなかったので、パイロット達は、忙しかったか、送信できなかったのでしょう。
  一見したところでは、電気システムの大規模な機能停止が飛行機が降下する原因であり、自分達の大体の位置についてのパイロットからの最後の数分間の送信をさまたげました。 「人間が、地球の方向に次第に度を越して漂ってくる惑星Xの帯電した尾のために、自分達の人工衛星と電気網に問題を予想することができる」と、私達は、くりかえし強調します。 とはいえ、私達が述べているように、嵐と、ライブ地震計に現れる★1日2回の地球規模の★胴震いに責任のある、表面の磁石である大西洋断層上空であった点で、フランス航空447便は、★三重の決定打に襲われました。


 今、地上から否定しようもなく、もう一つの電磁気の電撃が発生し、今回、列車を機能停止させた、モスクワの地下鉄での電流の急増を生じました。 また以前のように、電撃は、今回モスクワをとおって曲がって流れる川という水の近くで発生しました。 電流は、もちろん、水をとおって簡単に移動し、水にひきつけられ、★川底は、それゆえに影響を受けやすいです。

モスクワの地下鉄のラッシュアワーでの客車の脱線の際に20人以上が死亡し160人が負傷したー 2014年7月15日
http://rt.com/news/172808-train-moscow-metro-evacuation/
調査官達は、事故がどのように起こったのかについて、起こりうるすべての説を調査して、テロリストの活動を除外しています。 電力供給における機能停止は、誤った警報が鳴り出すようにしました。 警報は、列車を即座に停止するように、列車の操縦士への信号でした。
 突然のブレーキは、数量の貨車の脱線を誘引しました。
 194の駅と325.4キロメートル(202.2マイル)の線路の長さのあるモスクワの地下鉄は、平日にそれぞれ★9百万人の乗客の移動を運送する、世界で最も忙しい鉄道の一つです。
ロシアの脱線事故: モスクワの地下鉄での衝突事故で21人が死亡ー2014年7月15日
http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-28306458
 モスクワの地下鉄での火曜日の脱線事故での死亡者数は、現在、21にとどまっています。 衝突―今までで最悪の地下鉄での事故の一つである―の原因は、★電流の瞬間的急増であると報告されています。 パークポードディは、地下★84メートル(275フィート)の、モスクワでもっとも深い地下鉄の駅であり、救助の実施をとりわけ難しくしました。

ゼータトーク分析 7/19/2014: 公式の原因が古くなった装置、貧弱な整備の結果の機能停止とみなされる点で、これは、原因ではありません。 モスクワの地下鉄が通勤者達の主要な移動手段であるので、真実を認めることは、モスクワにとりあまりに衝撃的であり、では他にどうやって、彼等は通勤すればよいのでしょうか?
 ユタ州のNSAデータ保管施設で起こったように、「岩が圧縮のストレス下にあるときに、★地面からの火花が発生することがある」と、私達は、繰り返し述べています。
 モスクワの場合には、これは、★ヨーロッパとロシア西部の地域全域にわたる岩の容赦のない伸張のためです。 伸張地帯は、岩を引っ張りはなし、はじけていく前に、実際にぴんと張るので、その結果、水のたまったくぼみが接触するようになり、★電子装置のキーキー音が発生することがあります。
 モスクワもまた、NSA施設の場合と同じように、★川が縮んで引きしまった場所に位置しています。 ★電子は、モスクワ地下鉄の多量に電流の流れた装置をとおる自分達のルートを見つけました。

“ぐらつき”による船舶災害

電磁気の電撃が人間にとり次第に度を越して災害を生じていくのなら、“地球のぐらつき”は、最近、船を座礁させて、表舞台にたってもいます。 2012年1月15日の周遊船コンコルディア号や2014年4月16日の韓国フェリーのセウォル号での場合と同様に、海岸近くの船は、“地球のぐらつき”の間、座礁することになりえます。



ゼータトーク洞察 1/26/2012:  太陽が太平洋上の高い位置にあり、ヨーロッパが真夜中となる、“ぐらつき”の最も荒々しい“一押し”が起こる時に、ヨーロッパもまたこの動きに携わっています。 地球の磁北が地平線上に上昇してきて、惑星Xによって押し離されているので、地球は、荒々しく北に押されています。
 これが起こる時に地球は、地球が一つになって回転するので、地球の反対側で南の方へに押されます。
 陸地は、水の下に押され、そして船は突然に、安全な距離と考えていた岩の上に居る状態に気付きます。




ゼータトーク洞察4/26/2014:  “地球のぐらつき”の毎日の“8の字旋回”の最も荒々しい部分は、地球の磁北が惑星Xと太陽に直面するように地平線上にくる時の極への一押しの間です。
 フェリーの災害は、この“一押し”が★最強である★午前8時58分に発生しました。
 韓国が北へ移動する際に、地面からの★影響を受けていない海水は、しかるべき場所に残り、海岸線に沿って★一時的な隙間を生じます。 南の海水は、その後、この★空白を満たすために強力な潮流とともに流され、海面のたくさんの浮き荷のようにそれとともにフェリーを運びました。


今、もう一つの例が発生しました。 ジョージア州サバナ近くの海岸線の沖合いのカジノ船エスカペイド号は、砂州へ乗り上げました。 船長は、海図を製図機を左右するGPSがうまく機能せず、船が進路を外れる原因となったと思いました。 “地球のぐらつき”は、そのようなことも生じます!

16時間後、立ち往生したカジノ船からの退去
2014年7月16日

http://seattletimes.com/html/nationworld/2024078353_apxcasinoboatstuck.html
海で動けなくなった16時間後に、ジョージア州沿岸沖合いに座礁したカジノのボートで、どうすることもできなくなった乗客達は、海岸にフェリーで運ばれました。 彼等は、午後9:30に「何かに船がぶつかった」と感じました。
 174フィートの長さのエスカペイド号は、サウスカロライナ州のヒルトンヘッド近くのカリボーグ海峡のサヴァンナの東の目的地の人気のある浜辺の、タイビー島の北端沖合い約1.8マイルで、いまだどうすることもできないままでした。
カリボーグ海峡は自然の力です
2012年8月16日

http://www.hiltonheadisland.org/island-vibe/eco/2012/04/calibogue-sound-is-a-force-of-nature/
ヒルトンヘッド島のスパニッシュウェルズとシーパインズ地域社会の西側面にくっきりと出ている中央水路は、ほぼ★70フィートの水深です。 科学者達は、この水路の底を計測し、強力な海底海流によって刻まれた洞窟を思わせる★岩の絶壁を発見しています。
海での厳しい試練の後、ギャンブル船の乗客達は喜んで帰宅する
2014年7月17日

http://savannahnow.com/news/2014-07-16/casino-boat-stuck-rocks-tybee-island
船長は、「機能不全に陥って、船が向きを変えて、航路から外れる原因となってしまった」と船長が言っている航路製図機によって、「船が乗り上げた★砂洲が航海図にまだ載っていなかったので、事故が発生した」と言いました。

ゼータトーク分析 7/19/2014:  船は、GPSシステムによって★まちがった方へと導かれたので、その海域の多数の砂洲の一つに座礁しました。 GPSは、もはやあてにすることができなくなり、これに関して長い間その価値を失われていた羅針盤に従うことができます。 GPS衛星は、”地球のぐらつき”の間、地球がそれらの下で移動しているので、★予想された場所にはありません。
 これらの3つの災害すべてが、太陽が太平洋上空か、米大陸上空に位置する時の毎日の問題である★次第に増大する荒々しい“極の一押し”の間か、この一押しからの★撥ねもどりの間に発生しました。
 コンンコルディア号にとり、イタリアでの夕闇の午後8:00であり、米大陸上空の太陽が周遊船の下で岩を南の方へ押しやる“極の一押し”からの★撥ねもどる時でした。
 セウォル号にとり、韓国の夜明けの午前8:58であり、太平洋上空の高い位置の太陽とともに“極の一押し”が岩だらけの海岸に沿って、★空所と逆流を生じました。 エスカペイド号にとり、ジョージア州で、また以前のように太平洋上空で太陽が高い位置にあった★午後9:30でした。

フィルターなしの惑星X

7月の間、アマチュア達による何枚かの写真は、フィルターなしの写真に、“月の渦巻き旋回”や本体そのものをさえ、捉えました。 規則は、「赤いスペクトラムの光を制限するフィルターを使うときに、複合体がいっそう見えるようになる」ということでした。
 それゆえに、そのようなフィルターとなる、マイラーか、古いフロッピーディスクの挿入物を使うように推奨されています。 しかし惑星X複合体は、いっそう近くに引き寄せて、それによってその可視性は、これらの写真が示すように、そしてそのような写真に専念しているポールシフトニングのブログが示すように、増加しています。



2014年7月3日に、写真家は、地上に反射されるほど十分に強力な、太陽の右上方に明確な球体を捉えました。 2014年7月7日に、別の写真家は、太陽の上方に“モンスターペルソナ”として存在する“月の渦巻き旋回”を、もしかすると惑星Xそのものの本体であるものを、4時の位置に捉えました。
 2014年7月17日に、中国のアオクンからの写真は、写真の底部にゴーストの反射(太陽そのものであるとして)として捉えられた、太陽の左に2つの“月の渦巻き旋回”を見せる、“月の渦巻き旋回”からの光が本物であることを証明しています。